HOME » デザイン住宅のこだわりポイント » 住宅の耐震性にこだわる(木造の構法)

住宅の耐震性にこだわる(木造の構法)

耐震性はどう?木造建築の工法について

木造建築の工法として代表的なものに、在来工法とSE構法があります。それぞれのメリット・デメリットを、以下に簡単にまとめてみます。

在来工法について

<メリット>

  • 柱と梁で構造を作るため、間取りの自由度が高い。
  • 将来的なリフォームも比較的簡単にできる。
  • 対応している業者が多く、選択肢が多い。
  • ほかの工法に比べてコストが低い。

<デメリット>

  • 業者によって仕上がりの差が大きい。
  • 新しい工法と比べて耐震性が低い。
  • 工期が長い。

在来工法は、日本で古くから採用されている家づくりの方法です。柱と梁を軸に構造を造っていくため、壁の位置に融通が利き、間取りの自由度が高いというのが特徴です。リフォームもしやすいため、将来的な家族構成の変化にも柔軟に対応できます。

耐震性の面ではSE構法に劣りますが、素材や依頼する職人をしっかり選べば、耐震性・デザイン性を両立した住宅を実現することも可能です。

ただ、普及している工法ではあるものの、これと決まった規格がないため、依頼する業者の熟練度によって仕上がりに差がつくのが難。業者選びの際は、口コミ評判や実績はもとより、オープンハウスや住宅展示場などでじっさいに建築された家をチェックするなど、より入念にリサーチすることをおすすめします。

在来工法のメリット・デメリットについてもっと詳しく

SE構法について

<メリット>

  • 耐震性能が高い。
  • 木造であっても大空間を演出できる。
  • コストパフォーマンスが高い。

<デメリット>

  • 化学物質を含む集成材を使うため、シックハウスのリスクがある。
  • 比較的新しい構法であり、数十年単位の検証がされていない。
  • コストパフォーマンスは高いが、在来工法よりも高くつく。

SE構法は、震災への懸念から開発された、構造的により安全を追求した構法です。

また、木造建築では不可能とされていた大空間を演出できる家づくりが可能になるなど、在来工法とは違った選択肢を検討できるメリットもあります。

一方で、集成材によるシックハウスのリスクも。最近は信頼できる規格をクリアした材料を使う業者も増えていますが、採用するかどうかは、ご家族の体質なども考えた慎重な判断が必要でしょう。

SE構法のメリット・デメリットについてもっと詳しく

デザイン・安全性に優れた住宅を建てたい方へ 100回の検索より、まずこの3選