HOME » デザイン住宅のこだわりポイント » 実はオススメ!デザイン住宅を工務店で建てる

実はオススメ!デザイン住宅を工務店で建てる

ハウスメーカー・工務店・設計事務所の強み早見表

依頼先 設計の自由度と
デザインの良さ
コストパフォーマンスの良さ 施工品質への
安心性
ローンの
組みやすさ
ハウスメーカー △~○
工務店 ○~◎
設計事務所 △~○

各依頼先の特徴とメリット・デメリット

ハウスメーカーの特徴

ハウスメーカーは、規格化された住宅を大量生産・販売している業者を指します。

全国展開している大手が多く、耐震性や遮音性、断熱など、一定以上の住みやすさを持った住宅を低コストで提供してもらうことができます。

ハウスメーカーの特徴について詳しく>>

メリット デメリット
規格化された設計・建材を用いて家づくりを行うため、費用を抑えられる。
規格化されているため、施工品質が高い。
大手が多く、銀行からの信用も厚いため、ローンが組みやすい。
家を商品として大量生産しているため、デザイン性が乏しい。

ハウスメーカーのメリット・デメリットについて詳しく>>

工務店の特徴

工務店は、デザイン・設計を別業者に委託しているところと、すべてを自社で一貫して対応しているところの、大まかに2種類に分けられます。

しかしいずれの工務店も、規模は比較的小さく、杓子定規でない柔軟な対応が期待できるのが魅力。施工に精通している分、多角的な切り口で家づくりのプランニングをしてもらうことができます。地域密着でリフォームなど暮らしのニーズに細かく答えることも多いため、「どうしたら暮らしやすいのか?」についての知見・ノウハウを活かした施工力は工務店ならではのものがあります。

工務店の特徴について詳しく>>

メリット デメリット
デザイン・施工を一貫対応しているところであれば、中間マージンが発生しない分、デザイン性に優れた家がコストを抑えて建てられる。
中小規模のところが多く、柔軟で血の通った対応が期待できる。暮らしに寄り添うような施工が得意。
地域密着型経営のところが多く、銀行からの信用も厚いため、ローンが組みやすい。
施工を専門で請け負っているところだと、設計・デザインを別業者の担当と話すことになり、コミュニケーションの齟齬が発生するリスクがある。

工務店のメリット・デメリットについて詳しく>>

建築設計事務所の特徴

建築設計事務所は、デザインや設計を専門的に請け負い、じっさいの施工は提携している工務店に委託する、という形で家づくりを行っている業者です。専門性を追求することで各工程の品質を高められる反面、費用が高くつく傾向があります。

「建築家の設計した家を見て、その人のファンになってしまった」という人も少なくなく、アーティスティックな家を建てられるのが魅力です。

建築設計事務所の特徴について詳しく>>

メリット デメリット
設計・デザインに特化しているため、美しくオシャレな家が建てられる。
施工業者の社員ではない設計事務所が監督・管理を行うため、高い施工品質が期待できる。
デザインの自由度が高い分、設計・施工ともに費用が高くつく。
ハウスメーカーや工務店と比べて、ローンを組みづらい。

建築設計事務所のメリット・デメリットについて詳しく>>

デザイン・安全性に優れた住宅を建てたい方へ 100回の検索より、まずこの3選