工務店の特徴

そもそも工務店とは

一般的なニュアンスでは、家づくりに関わるさまざまな業者を取りまとめ、工事の管理をトータルに行う業者を工務店と言います。昔ながらの大工さんの棟梁のようなポジションを、そのまま業務として請け負っているイメージでしょうか。

その特性から、各職人さんとの距離も近く、ハウスメーカーなどと比べて、より柔軟で面倒見のいい対応が期待できます。

ただ、近年はその形態も多様化しており、名前こそ「工務店」とついていても、中身はハウスメーカーに近い業者も存在します。

以下に、工務店の大まかな系統をまとめてみますので、参考にしてみて下さい。

大まかな工務店の系統

  • 自社でデザイン・設計から施工までを一貫対応してくれるタイプ。
  • 複数の建築士や設計事務所と提携し、幅広いデザインを提案してくれるタイプ。
  • 施工のみを専門的に行い、設計やデザインには手を出さないタイプ。
  • ハウスメーカーのように資材や工法を規格化し、家づくりを行うタイプ。

工務店の選び方

一口に工務店といっても、どういった形で家づくりを請け負うかは業者によりさまざまです。そのため、工務店はこう選ぶ!という具体的な選び方はありません。

しかし、その業者の良し悪しを判断するうえで、チェックしておきたいポイントがいくつかあります。

例えば、その工務店がどういう形で家づくりを進めていくか、という点。デザインを重視したいのに、ハウスメーカーに近い系統の工務店に依頼をしてしまっては、元も子もありません。資料や公式ページにしっかり目を通し、どういった家づくりを行っているかをまず確認することをおすすめします。

また、施工技術についても、ぜひチェックしておきたいところ。口コミはもちろん、可能なら手掛けた家の見学などもして、積極的に情報を集めていきましょう。

このほか、予算に見合った提案をしてくれるかどうかも、見逃せないポイントの1つです。いきなり1つに絞らず、いくつかの候補で相見積もりを取って、希望を実現するためにはどのくらいの費用が掛かるのか、大まかにでも相場を把握しておくとよいでしょう。

デザイン・安全性に優れた住宅を建てたい方へ 100回の検索より、まずこの3選