工務店のメリット、デメリット

工務店の設計・デザインについて

工務店に依頼をする大きなメリットの1つが、設計やデザインの自由度の高さ。もちろん、デザインや設計を請け負ってくれるスタッフ、ないし提携業者がいるという前提はありますが、それでもほとんどの場合、依頼者の理想を落とし込んだ、オーダーメイドのデザイン住宅を建ててもらうことができるはずです。

また、工務店はハウスメーカーと比べて規模が小さい会社が多く、杓子定規でない、柔軟な対応が期待できます。依頼者の声も現場に届きやすく、工務店で家を建てた人の口コミの中には、「自分たちも家づくりに参加しているようで楽しかった」という趣旨のコメントも少なくありません。

コストパフォーマンスの高さ

ハウスメーカーのような形態で業務を請け負っている場合は別ですが、工務店の家づくりでは、業者間の中間マージンがあまり発生しません。つまり、コストを抑えて高いデザイン性が実現できるというわけです。

また、多くの工務店は、積極的に広告を打たず、地域密着型の地道な経営をしています。集客のためのコストも小さいため、ハウスメーカーより原価に近い価格で、家づくりを依頼できます。これにより、デザインや素材、設備など、本当に必要な部分に予算を振り分けることが可能となります。

こういったコストパフォーマンスの高さも、工務店に依頼をするメリットの1つと言えるでしょう。

施工品質や保証面

依頼する工務店にもよりますが、基本的には設計と施工をワンストップで依頼できるのが工務店です。アフターサポートも自社で一貫対応するケースが多いため、施工品質にかんしても高い信頼性が期待できるでしょう。

これもデザイン性やコストパフォーマンスと同じく、フットワークの軽い工務店ならではのメリットと言えます。

ローンの組みやすさ

ハウスメーカーよりもローンが組みづらい、という点は、工務店に依頼する際のデメリットであると言えます。とはいえ、歴史ある工務店であれば、地域の銀行から信用を得ているものです。手続き代行などのきめ細かいサポートまでは難しいかもしれませんが、全く何もしてくれないということはまずないと考えてよいでしょう。

デザイン・安全性に優れた住宅を建てたい方へ 100回の検索より、まずこの3選