建築設計事務所の特徴

そもそも設計建築事務所とは

設計建築事務所とは、建物の設計やデザインを手掛ける個人事業主、または法人を指します。

一般的には、建築家が所属する組織、というイメージですが、実は「建築家」という資格は存在しません。建築に絡む公的な手続きを行う際に、「建築士」という国家資格が必要であるため、多くの建築家は建築士の資格を持っていますが、これは厳密なものではなく、資格がなくても建築家を名乗ることは可能です。

なぜかというと、建築家という言葉には、施工から独立して設計・デザインを請け負うというニュアンスが込められているからです。

オーダーメイドで何枚も図面を起こし、既存のデザインや資材・工法に囚われない自由な発想で施主の希望を設計に落とし込んでくれる、というのが、建築家の特徴です。

<こんな人におすすめ>

  • 多少コストが掛かっても、自分たちだけの住宅を建てたい人。
  • 芸術センスに優れた建築家に家を建ててもらいたい人。

設計建築事務所の選び方

設計建築事務所を選ぶうえで注目すべき点は、建築家の人物像です。

工務店やハウスメーカーであれば、展示場やオープンハウスを訪れることで、じっさいの施工力を自分の目で確認することができます。しかし、1件1件オーダーメイドで手掛けている設計建築事務所の場合は、そういった開かれた場がほとんどありません。

雑誌や公式サイトなどで施工事例を確認することはできますが、画像では限られた情報しか得ることができず、依頼先の決め手としては不十分です。デザインが優れているから依頼してみたものの、自分の希望より建築家の意思を優先して設計されてしまった、というケースも考えられます。

デザイン性の高い家を建てている、というのは大前提ですが、自分たちの希望を最大限叶えてくれる建築家を見つけるためには、依頼者としっかりコミュニケーションを取ってくれるかどうか、という点も、ぜひチェックしておきたいポイントの1つと言えます。

ほとんどの設計建築事務所は、公式サイトで自社の理念や方針を明らかにしています。口コミ評判や施工事例とあわせて、そういった項目にもしっかり目を通し、自身の希望や考え方にあった事務所を探してみることをおすすめします。

デザイン・安全性に優れた住宅を建てたい方へ 100回の検索より、まずこの3選