ハウスメーカーの特徴

そもそもハウスメーカーとは

厳密な定義はありませんが、一般的にハウスメーカーという単語は、プレハブ工法という、ある程度決まった枠組みを組み合わせて家づくりを行っていくスタイルの住宅販売・建設会社を指します。

規格が定まっていれば、図面や資材を使いまわすことができ、大量生産による低コスト化が実現できます。オリジナリティのある住宅は建てられませんが、オーダーメイドでイチから家をつくっていくケースと比べて、安い料金で家を建てることができるわけです。

また、同じパターンの施工事例が無数にあるため、住宅機能の耐久性・信頼性にかんしても、一定以上の水準が期待できます。

<こんな人におすすめ>

  • 家づくりのコストをなるべく抑えたい。
  • 間取りやデザインに特にこだわらない。
  • オリジナルの住宅より、建築実績のある規格住宅の方が良い。
  • 打ち合わせなど細々した手間を避けたい。

ハウスメーカーの選び方

住宅を規格化し、工業的に大量生産するのがハウスメーカーですが、これにはある程度の経営資源が必要です。そのため、ハウスメーカーの多くは、知名度の高い不動産会社か、その系列に名前を連ねています。

大企業が枠組みを作っていることから、基本的には信頼性の高い家づくりが期待できますが、一方で意外な落とし穴というのもあります。

それは、ハウスメーカーの中には、代理店制を採っているところが少なくないということ。つまり、同じ名前の業者に依頼したとしても、必ずしも品質が一致するとは限らないのです。窓口となっているのがハウスメーカーであっても実際に施工をするのは、提携している工務店である、というケースもあります。

ある業者が窓口となって、複数の業者が家づくりを行う、というのは珍しいことではありませんが、いずれにせよ、知名度を過信せず、自分が頼もうとしている業者が本当に信頼できるかどうか、施工実績や口コミ評判などをしっかりチェックすることが大切です。

また、規格化されていると言っても、その度合いはハウスメーカーによって違います。住宅のテイストだけでなく、間取りや外装・内装にかんしてどこまで自由が利くのか、という点も、依頼前に確認しておくとよいでしょう。

デザイン・安全性に優れた住宅を建てたい方へ 100回の検索より、まずこの3選