ハウスメーカーのメリット、デメリット

ハウスメーカーの設計・デザインについて

ハウスメーカーは、設計やデザインの自由度を制限して、合理的に家づくりを行うことでコストを下げています。そのため、設計やデザインにかんしては、多くを望めません。

これは、人によっては小さくないデメリットとなるでしょう。

中には、有名な建築家やデザイナーが入って、洗練された外観や内装を実現しているものもありますが、そうしたものの多くは、ある程度のコストが掛かります。デザイン性の高い住宅を望むなら、そういった方向性を持った設計事務所や、工務店をまず訪ねると良いでしょう。

コストパフォーマンスの良さ

コストパフォーマンスの良さは、ハウスメーカーの強みとしてよく取り上げられるポイントです。基本的には、オーダーメイドのデザイン住宅を建てるより、コストを抑えることができるでしょう。

しかし、ハウスメーカー側は窓口となるだけで、実際の施工は下請け業者が行うという形式で、家づくりを行っている場合、少なくない中間マージンが発生します。

また、ハウスメーカーは、広告や展示場などを多数展開し、集客に多くのコストを割いています。そういったものも、家づくりの費用に上乗せされるため、必ずしもすべてのケースでコストパフォーマンスが高いとは言い切れません。

施工品質や保証面

工法や資材が規格化されているため、施工品質についての信頼性が高いというのは、ハウスメーカーに家づくりを依頼するメリットと言えます。ハウスメーカーの多くは大手企業であり、それぞれが強力なブランドネームを持っています。そういった威光を傷つけるようなリスクは、可能な限り排除されていることでしょう。

また、保証面についても、大手企業ならではの充実したサポートが期待できます。小さい企業だと、どこかのタイミングで倒産してしまうかもしれませんが、ハウスメーカーであればそうした可能性はほとんどないはずです。

ローンの組みやすさ

ローンを組みやすい、というのも、ハウスメーカーの見逃せないメリットの1つです。ハウスメーカーは、その規模を活かして全国的に活発な取引を行っています。そのため金融機関からの信頼も厚く、ローン審査も有利というわけです。中には、系列企業に金融機関をもっているところもあり、そうした業者を選べば、よりスムーズに手続きを進めることができるはずです。

デザイン・安全性に優れた住宅を建てたい方へ 100回の検索より、まずこの3選