デザイン住宅を東京で建てる » デザイン住宅でこだわるべきポイント » 間取りにこだわる

間取りにこだわる

キッチンの間取りを考えるポイント

キッチンの間取りは、家事の効率に直結します。そのため家づくりにおいても、キッチンを軸にして全体のレイアウトを決定していくという人が少なくありません。

しかし、家族構成や立地、こだわりたいポイントによって、そのパターンは千差万別。これが定番!とはっきり言い切れるものがないというのが実情のようです。

そのためキッチンの間取りを考えるときは、ある程度パターン化されたレイアウトを下地にして、自分好みに調整していくという流れがスムーズでしょう。

以下に、ベースとなりそうなキッチンの間取りパターンをまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

キッチンの間取りパターン例

オープンキッチン

壁側にキッチンを配置し、キッチンとリビング・ダイニングを1つにした間取りです。

開放的な空間を演出できる反面、料理の匂いや油汚れが広い範囲に拡散してしまうというデメリットがあります。

セミオープンキッチン

キッチンは生活感が出やすいため、オープンにするのは抵抗がある、という人も少なくありません。そういう人におすすめなのが、セミオープンタイプのキッチンです。これは、オープンキッチンに対面型やL字型のカウンターを付けて、境界をはっきりさせたレイアウト。

家族の顔を見ながら調理できるうえ、キッチンの独立性もある程度確保できます。

クローズドキッチン

入り口部分以外の三方を壁で閉じてしまうレイアウトです。匂いや油汚れの飛散は防げますが、閉塞感が強いため、人を選ぶ間取りと言えます。

アイランドキッチン

セミオープンキッチンの一種で、文字通りキッチンを島状に独立させた間取りです。キッチンから家族の顔を見られるほか、見た目にもダイナミックな雰囲気を演出できます。

パントリー付きキッチン

パントリーとは、食糧庫という意味で、キッチン付近に設ける収納を指します。そこに食料品のストックを保存しておき、キッチン内のスペースを広く確保するわけです。

実用性が高いうえ、オシャレな瓶や缶詰を並べて楽しむこともできます。

リビングの間取りを考えるポイント

間取りを考えるときに重視する項目は人それぞれですが、どのようなレイアウトにするにせよ、まず押さえておきたいポイントがあります。それは、家事動線と生活動線を明確にしておくということ。

家事動線とは、文字通り家事をするときに通る道筋です。もう一方の生活動線は、家事以外の目的で室内を移動する道筋を指します。一般的に、この2つの動線がなるべく重ならないように間取りを組み立てると、暮らしやすい間取りが実現できるとされています。

また、リビングは、一家団らんの中心となる空間です。基本的には、その目的に沿うよう、間取りを考えていくのがおすすめです。

例えば、客間とは離し、キッチンとは近づける(または1つにしてしまう)。子供部屋に向かうときは、必ずリビングを通るようにする、といった具合です。

このようなポイントを踏まえたうえで、自身の遊び心を存分に盛り込んであげれば、きっと最高の住宅ができるはずです。

リビングの間取りパターン例

リビングに和室コーナーをつくる

リビングの隣にふすまで区切った和室を設けることで、空間に面白みを持たせることができます。独立した小部屋として活用するのもいいですし、ふすまを開ければ大空間を演出することも。使い勝手がいいため、多くの住宅で採用されている間取りです。

リビングを吹き抜けにする

リビングの天井を吹き抜けにすることで、明るく開放的な雰囲気をつくることができます。大邸宅向きの間取りという印象がありますが、室温調節のしやすさや明るさの確保といった利点から、狭小住宅に用いられるケースも少なくありません。

2階への階段をリビングに配置する

個室は2階に配置されるケースが多いですが、リビングに階段を配置することで、家族が顔を合わせる機会を増やすことができます。また、洗練されたイメージを演出できるというメリットも。

2階にリビングをつくる

住宅が密集していて明かりを採りづらいときなどに活用できるレイアウトです。明るさのほか、風通しがよい・眺望が楽しめるといったメリットもあります。

バス&洗面室の間取りを考えるポイント

バス・洗面室・トイレといった水回りは、間取りを考えるうえで悩みの種となります。

いずれも1日に少なくとも1回以上は使うスペースですが、それらをバランスのいい動線で結びつけるのが、意外と難しいためです。効率だけを重視すれば、バス・洗面室・トイレとも1箇所にまとまっていた方がいいでしょう。

しかしトイレと洗面室を一か所に配置してしまうと、別の誰かが片方を利用しているときに不便になってしまいます。そのため、空間に余裕があれば、バスルーム・洗面室とトイレは区切って配置されるとよいでしょう。

もちろん土地の広さや他の部屋との兼ね合いから、水回りをすべてまとめざるを得ないということもあります。

そのような場合であっても、たんに1つにまとめるのではなく、具体的な使用シーンを思い浮かべて、後悔のない選択肢を選んでいくことが大切です。

おすすめの方法は、「だれが」「いつ」「どのように」使うのかを、順を追ってしらみ潰しに検討していくことです。

例えば家族が使うとき、客人が使うとき、子供が成長したとき、年老いたとき、身体を洗うとき、ペットを洗うとき……、というように、場所ごとにさまざまな状況を書き出して検討していけば、より利便性の高い間取りを考えることができるはずです。

バス・洗面室・トイレの間取りパターン例

洗面室・トイレをまとめバスルームを分ける

バスルームを独立させ、洗面室・トイレを1つにすれば、来客時の細々したストレス(洗濯物の片付けや入浴の制限等)を軽減できます。

バスルーム・トイレ・洗面室をそれぞれ独立させる

独立させる、といっても、大きく離してしまうと利便性が下がりますので、壁一枚隔てたり、引き戸を設けたりして空間を区切るというケースが多いようです。

バスルームと洗面室をまとめトイレを分ける

日本人特有の感情かもしれませんが、トイレが広いと落ち着かない、という人が少なくありません。トイレを個室とすることでプライベートを尊重でき、また朝など身だしなみを整えたいタイミングで洗面所との利用がバッティングしないというメリットがあります。

収納の間取りを考えるポイント

収納の間取りを考えるポイントは、まず自身の持ち物の量(将来的な予想も含めて)を大まかにでも把握すること。例えば衣装ケースの数だったり、洋服の掛かっているパイプの長さだったり、全体の容量がわかる方法で考えていくとスムーズです。

大まかに目途をつけたら、今度は頻繁に使うものとあまり使わないものを分け、それぞれ間取りのどこに配置すると利便性が高いかを考えていきます。基本的には、よく使うモノは、そのアイテムの保管場所とじっさいに使う場所が、なるべく近くなるような間取りとなるのが理想です。

また、あまり使わないモノは、納戸のような大きな空間に、なるべく一目でどこに何があるのかわかるような形で収納するとよいでしょう。いずれにせよ、アイテムの量と用途を踏まえたうえで、それに応じて収納の大きさ・配置を考えていくことが基本です。

ほか知っておきたいのが、収納は隠すだけではないということ。デザイン性の高い小物や本・雑誌などは、インテリアとして配置してしまうのも手です。

とくにわかりやすいのはキッチンの収納。ガラスのジャーを活用して保存食を陳列したり、調理器具を壁に掛けてオシャレな雰囲気を演出したり、実用性とデザイン性を両立したさまざまな収納パターンがあります。

スッキリしすぎてしまうのに抵抗がある場合は、このような見せる収納もぜひ検討してみて下さい。

収納の間取りパターン例

ウォークインクローゼットをつくる

ウォークインクローゼット(W・I・C)とは、50~60センチほどの通路を空け、両側の壁をクローゼットとした小空間。寝室につくるのが一般的ですが、それぞれの生活動線に応じて外に配置するケースも増えているようです。

玄関収納をつくる

雑然となりがちな玄関ですが、大きな収納があれば、多少いい加減に収納してもスッキリして見えます。靴のほか、ガーデニングの道具や雨具などを収納するため、玄関にウォークインタイプの収納をつくるという人も増えているようです。

デッドスペースを活かした収納をつくる

階段下のデッドスペースを収納とし、空間を効率的に使うのも手。デッドスペースである分、たんに収納を設けるだけでなく、出し入れが不便にならないように工夫することも大切です。

二世帯住宅の間取りを考えるポイント

二世帯住宅の間取りを考えるポイントは、事前に両世帯の間でしっかり話し合いを持っておくことです。

完全に折半で家を建てるのではない限り、負担の多い方が、大きな発言権を持ちます。とはいえ、片方が不満を飲み込んでしまうと、住み始めてからそのストレスが爆発する、ということにもなりかねません。

そういった事態を回避するためにも、家を建てる前にしっかり話し合いの場を持って、フラットな立場でお互いに納得できる形を確認しておくことが大切です。

二世帯住宅には、おおまかに以下の4つのパターンがあります。具体的な間取りにかんしてはそれこそ千差万別ですが、大枠のパターンを把握しておけば、話し合いはスムーズに進むはずです。

どのパターンをベースにするのか、ということをまず決めて、そこから具体的な間取りを考えていくことをおすすめします。

二世帯住宅の間取りパターン例

共用型

個室こそ分けるものの、大部分の生活空間を共有するパターン。完全にすべてを共有するのに不安がある場合は、水回りの設備を2つずつ作るケースもある。

また、リビングなどの団らんに使う空間は、プライベートな空間(浴室やトイレ、個室等)に向かう動線から外すなど、お互いに気兼ねなく生活できるよう、間取りを工夫することが大切。

連棟型

隣り合わせに2棟建築するパターン。広い敷地を必要とするものの、生活空間をはっきり独立させることができる。

外階段型

2階建ての住宅を造り、上階には外階段からアプローチするパターン。連棟型と比べコストが抑えられる。ただ、生活音が伝わりやすいため、お互いのストレスにならないよう、間取りを工夫する必要も。

内階段型

1階に入り口を2つ作り、片方に内階段を配置するパターン。生活空間ははっきり分けられるし、ドアや引き戸を設けることでお互いの世帯をスムーズに行き来できる。ちなみに外階段型・内階段型とも、2階部に子世帯が入居するケースが多い。

子供のいる家の間取りを考えるとき、考えておくべきことは無数にあります。

子供がいる家の間取りを考えるポイント

ここでは、その中からとくにありがちな2つの失敗に的を絞り、間取りを考えるうえでどのように参考にすべきかを解説したいと思います。

1つ目は、音についての対策です。子供はとにかく動きます。そのため、子供部屋の間取りを間違えると、思わぬ事態に悩まされることになる可能性があります。例えばリビングなどのくつろぎスペースのうえに子供部屋を配置してしまい、足音や話し声が下階に響いてなかなかリラックスできない、といった失敗談が少なからずあります。

また、壁側に子供得屋を配置した場合、子供の騒ぎ声や親の叱る声が外の人に聞こえてしまうという可能性も。

このような事態を回避するためには、音の出そうな部屋を全フロアで洗い出し、それぞれが重なり合わないようにしたり、人通りのある場所を避けたり、といった対策が有効となります。

2つ目は、子どものプライバシーの確保をどうするか、ということ。小さいうちは、共有スペースで常に目の届く範囲に子供がいるような間取りが理想ですが、成長に伴って、子供のプライバシーも尊重していく必要があります。

どのタイミングで個室を与えるのか、また、その個室はどこに配置しておくべきか、住み始めの時点からある程度具体的な計画を立てておくことが大切です。

具体的には、一部の部屋の仕切りを移動、または追加できる設計にしたり、それに合わせて、照明の数を増やしたり、といったことを考えておくとよいでしょう。

子供がいる家の間取りパターン例

仕切りを移動できる子供部屋

小さいうちは、広く遊べる共用の子供部屋とし、ある程度の年齢になったら、仕切りを追加して個室とする。

リビングを必ず通る個室を与える

最初から個室を与えてしまう、というのも手。その際は、入室するのに必ずリビングを通る必要があるなど、子供とコミュニケーションする機会を増やすような間取りにすると良い。

吹き抜けを造り共有感を出す

個室を与える場合、家全体の一体感を出すため、1階のリビングを吹き抜けにするという方法も。声の届く範囲に家族がいることで、自然と安心感・一体感が得られる。