バス&洗面室

バス&洗面室の間取りを考えるポイント

バス・洗面室・トイレといった水回りは、間取りを考えるうえで悩みの種となります。

いずれも1日に少なくとも1回以上は使うスペースですが、それらをバランスのいい動線で結びつけるのが、意外と難しいためです。

効率だけを重視すれば、バス・洗面室・トイレとも1箇所にまとまっていた方がいいでしょう。

しかしトイレと洗面室を一か所に配置してしまうと、別の誰かが片方を利用しているときに不便になってしまいます。

そのため、空間に余裕があれば、バスルーム・洗面室とトイレは区切って配置されるとよいでしょう。

もちろん土地の広さや他の部屋との兼ね合いから、水回りをすべてまとめざるを得ないということもあります。

そのような場合であっても、たんに1つにまとめるのではなく、具体的な使用シーンを思い浮かべて、後悔のない選択肢を選んでいくことが大切です。

おすすめの方法は、「だれが」「いつ」「どのように」使うのかを、順を追ってしらみ潰しに検討していくことです。

例えば家族が使うとき、客人が使うとき、子供が成長したとき、年老いたとき、身体を洗うとき、ペットを洗うとき……、というように、場所ごとにさまざまな状況を書き出して検討していけば、より利便性の高い間取りを考えることができるはずです。

バス・洗面室・トイレの間取りパターン例

洗面室・トイレをまとめバスルームを分ける

バスルームを独立させ、洗面室・トイレを1つにすれば、来客時の細々したストレス(洗濯物の片付けや入浴の制限等)を軽減できます。

バスルーム・トイレ・洗面室をそれぞれ独立させる

独立させる、といっても、大きく離してしまうと利便性が下がりますので、壁一枚隔てたり、引き戸を設けたりして空間を区切るというケースが多いようです。

バスルームと洗面室をまとめトイレを分ける

日本人特有の感情かもしれませんが、トイレが広いと落ち着かない、という人が少なくありません。トイレを個室とすることでプライベートを尊重でき、また朝など身だしなみを整えたいタイミングで洗面所との利用がバッティングしないというメリットがあります。

デザイン・安全性に優れた住宅を建てたい方へ 100回の検索より、まずこの3選