子どもがいる家

子供のいる家の間取りを考えるとき、考えておくべきことは無数にあります。

子供がいる家の間取りを考えるポイント

ここでは、その中からとくにありがちな2つの失敗に的を絞り、間取りを考えるうえでどのように参考にすべきかを解説したいと思います。

1つ目は、音についての対策です。子供はとにかくよく動きます。そのため、子供部屋の間取りを間違えると、思わぬ事態に悩まされることになる可能性があります。

例えばリビングなどのくつろぎスペースのうえに子供部屋を配置してしまい、足音や話し声が下階に響いてなかなかリラックスできない、といった失敗談が少なからずあります。

また、壁側に子供得屋を配置した場合、子供の騒ぎ声や親の叱る声が外の人に聞こえてしまうという可能性も。

このような事態を回避するためには、音の出そうな部屋を全フロアで洗い出し、それぞれが重なり合わないようにしたり、人通りのある場所を避けたり、といった対策が有効となります。

2つ目は、子どものプライバシーの確保をどうするか、ということ。

小さいうちは、共有スペースで常に目の届く範囲に子供がいるような間取りが理想ですが、成長に伴って、子供のプライバシーも尊重していく必要があります。

どのタイミングで個室を与えるのか、また、その個室はどこに配置しておくべきか、住み始めの時点からある程度具体的な計画を立てておくことが大切です。

具体的には、一部の部屋の仕切りを移動、または追加できる設計にしたり、それに合わせて、照明の数を増やしたり、といったことを考えておくとよいでしょう。

子供がいる家の間取りパターン例

仕切りを移動できる子供部屋

小さいうちは、広く遊べる共用の子供部屋とし、ある程度の年齢になったら、仕切りを追加して個室とする。

リビングを必ず通る個室を与える

最初から個室を与えてしまう、というのも手。その際は、入室するのに必ずリビングを通る必要があるなど、子供とコミュニケーションする機会を増やすような間取りにすると良い。

吹き抜けを造り共有感を出す

個室を与える場合、家全体の一体感を出すため、1階のリビングを吹き抜けにするという方法も。声の届く範囲に家族がいることで、自然と安心感・一体感が得られるはず。

デザイン・安全性に優れた住宅を建てたい方へ 100回の検索より、まずこの3選