キッチン

キッチンの間取りを考えるポイント

キッチンの間取りは、家事の効率に直結します。そのため家づくりにおいても、キッチンを軸にして全体のレイアウトを決定していくという人が少なくありません。

しかし、家族構成や立地、こだわりたいポイントによって、そのパターンは千差万別。これが定番!とはっきり言い切れるものがないというのが実情のようです。

そのためキッチンの間取りを考えるときは、ある程度パターン化されたレイアウトを下地にして、自分好みに調整していくという流れがスムーズでしょう。

以下に、ベースとなりそうなキッチンの間取りパターンをまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

キッチンの間取りパターン例

オープンキッチン

壁側にキッチンを配置し、キッチンとリビング・ダイニングを1つにした間取りです。

開放的な空間を演出できる反面、料理の匂いや油汚れが広い範囲に拡散してしまうというデメリットがあります。

セミオープンキッチン

キッチンは生活感が出やすいため、オープンにするのは抵抗がある、という人も少なくありません。そういう人におすすめなのが、セミオープンタイプのキッチンです。これは、オープンキッチンに対面型やL字型のカウンターを付けて、境界をはっきりさせたレイアウト。

家族の顔を見ながら調理できるうえ、キッチンの独立性もある程度確保できます。

クローズドキッチン

入り口部分以外の三方を壁で閉じてしまうレイアウトです。匂いや油汚れの飛散は防げますが、閉塞感が強いため、人を選ぶ間取りと言えます。

アイランドキッチン

セミオープンキッチンの一種で、文字通りキッチンを島状に独立させた間取りです。キッチンから家族の顔を見られるほか、見た目にもダイナミックな雰囲気を演出できます。

パントリー付きキッチン

パントリーとは、食糧庫という意味で、キッチン付近に設ける収納を指します。そこに食料品のストックを保存しておき、キッチン内のスペースを広く確保するわけです。

実用性が高いうえ、オシャレな瓶や缶詰を並べて楽しむこともできます。

デザイン・安全性に優れた住宅を建てたい方へ 100回の検索より、まずこの3選