収納

収納の間取りを考えるポイント

収納の間取りを考えるポイントは、まず自身の持ち物の量(将来的な予想も含めて)を大まかにでも把握すること。

例えば衣装ケースの数だったり、洋服の掛かっているパイプの長さだったり、全体の容量がわかる方法で考えていくとスムーズです。

大まかに目途をつけたら、今度は頻繁に使うものとあまり使わないものを分け、それぞれ間取りのどこに配置すると利便性が高いかを考えていきます。

基本的には、よく使うモノは、そのアイテムの保管場所とじっさいに使う場所が、なるべく近くなるような間取りとなるのが理想です。

また、あまり使わないモノは、納戸のような大きな空間に、なるべく一目でどこに何があるのかわかるような形で収納するとよいでしょう。

いずれにせよ、アイテムの量と用途を踏まえたうえで、それに応じて収納の大きさ・配置を考えていくことが基本です。

ほか知っておきたいのが、収納は隠すだけではないということ。デザイン性の高い小物や本・雑誌などは、インテリアとして配置してしまうのも手です。

とくにわかりやすいのはキッチンの収納。ガラスのジャーを活用して保存食を陳列したり、調理器具を壁に掛けてオシャレな雰囲気を演出したり、実用性とデザイン性を両立したさまざまな収納パターンがあります。

スッキリしすぎてしまうのに抵抗がある場合は、このような見せる収納もぜひ検討してみて下さい。

収納の間取りパターン例

ウォークインクローゼットをつくる

ウォークインクローゼット(W・I・C)とは、50~60センチほどの通路を空け、両側の壁をクローゼットとした小空間。寝室につくるのが一般的ですが、それぞれの生活動線に応じて外に配置するケースも増えているようです。

玄関収納をつくる

雑然となりがちな玄関ですが、大きな収納があれば、多少いい加減に収納してもスッキリして見えます。靴のほか、ガーデニングの道具や雨具などを収納するため、玄関にウォークインタイプの収納をつくるという人も増えているようです。

デッドスペースを活かした収納をつくる

階段下のデッドスペースを収納とし、空間を効率的に使うのも手。デッドスペースである分、たんに収納を設けるだけでなく、出し入れが不便にならないように工夫することも大切です。

デザイン・安全性に優れた住宅を建てたい方へ 100回の検索より、まずこの3選