二世帯住宅

二世帯住宅の間取りを考えるポイント

二世帯住宅の間取りを考えるポイントは、事前に両世帯の間でしっかり話し合いを持っておくことです。

完全に折半で家を建てるのではない限り、負担の多い方が、大きな発言権を持ちます。とはいえ、片方が不満を飲み込んでしまうと、住み始めてからそのストレスが爆発する、ということにもなりかねません。

そういった事態を回避するためにも、家を建てる前にしっかり話し合いの場を持って、フラットな立場でお互いに納得できる形を確認しておくことが大切です。

二世帯住宅には、おおまかに以下の4つのパターンがあります。具体的な間取りにかんしてはそれこそ千差万別ですが、大枠のパターンを把握しておけば、話し合いはスムーズに進むはずです。

どのパターンをベースにするのか、ということをまず決めて、そこから具体的な間取りを考えていくことをおすすめします。

二世帯住宅の間取りパターン例

共用型

個室こそ分けるものの、大部分の生活空間を共有するパターン。完全にすべてを共有するのに不安がある場合は、水回りの設備を2つずつ作るケースもある。

また、リビングなどの団らんに使う空間は、プライベートな空間(浴室やトイレ、個室等)に向かう動線から外すなど、お互いに気兼ねなく生活できるよう、間取りを工夫することが大切。

連棟型

隣り合わせに2棟建築するパターン。広い敷地を必要とするものの、生活空間をはっきり独立させることができる。

外階段型

2階建ての住宅を造り、上階には外階段からアプローチするパターン。連棟型と比べコストが抑えられる。ただ、生活音が伝わりやすいため、お互いのストレスにならないよう、間取りを工夫する必要も。

内階段型

1階に入り口を2つ作り、片方に内階段を配置するパターン。生活空間ははっきり分けられるし、ドアや引き戸を設けることでお互いの世帯をスムーズに行き来できる。ちなみに外階段型・内階段型とも、2階部に子世帯が入居するケースが多い。

デザイン・安全性に優れた住宅を建てたい方へ 100回の検索より、まずこの3選