HOME » デザイン住宅 こだわりの外観&内装 施工例 » 和モダンな外観のデザイン住宅

和モダンな外観のデザイン住宅

デザイン性の高い住宅を造るときの参考情報として、定番デザインの1つである和モダンにかんするキホン知識をまとめてみました。

和モダンのキホン知識

和モダンという言葉にはっきりした定義はありませんが、一般的にはシンプルでモダンなデザインと、趣のある和風のデザインが融合したスタイルを指します。

直線的でスッキリしたアウトラインの中に、木を使った格子や玉砂利、竹といった自然素材がバランスよく配置されているイメージです。モダンながらクールに偏り過ぎず、どこか温かみのある雰囲気を持ったデザインスタイルと言えるでしょう。

和モダンのデザインを考えるポイント

和モダンのデザインを考えるとき、重要になるのは素材をどう生かすか、ということ。例えば木材には、木目の美しさのほかにも、温かみのある質感や心安らぐ香りといった魅力があります。こういった自然素材の特性を、住空間としての利便性を保ちながら各部に盛り込んでいくのが、和モダンの醍醐味です。

効率性だけにとらわれず、趣を楽しむ遊び心を発揮して、素材の魅力を生かしたアイディアを吟味されるとよいでしょう。

もし、思うようにイメージが膨らまない場合は、和風のオブジェクトを一つひとつ思い浮かべながら、それらを組み合わせてみてください。

例えば、畳・行燈風のフットライト・障子・玉砂利・竹のある中庭・飛び石・格子の入った丸窓、といったように、自分が趣を感じるものを書き出していって、それらを頭の中で組み合わせていくと、スムーズに理想を形にすることが出来るはずです。

もちろん、専門家に直接相談して、アイディアを出してもらうというのも手です。

家具・インテリアについて

和モダンの住宅は、和というコンセプトがはっきりしている分、家具やインテリアも、その雰囲気にマッチしたものを選ぶのがオススメです。

とはいえ、単純に和風のものをピックアップすればよいというものでもありません。じっさい、デザイン住宅メーカーの施工事例をのぞいてみると、ヨーロッパ産のアンティーク家具などを上手に活用して、全体との調和を取っているケースが多く見られます。

こういったバランス感覚は、専門知識がないと難しいかもしれません。家づくりを請け負っている業者の中には、インテリアコーディネーターや家具職人などを抱えているところも少なからずありますので、家具やインテリアのピックアップについても、事前に相談をして、最終的な仕上がりのイメージを共有されておくとよいでしょう。

和モダンの施工事例1

引用元:諫早建設(http://www.isahaya.co.jp/gallery/index.php?album=-----_-----_------&image=_dsc7371.jpg)

和モダンの施工事例2

引用元:BERK HOUSE(https://www.berk.co.jp/gallery/)

和モダンの施工事例3

引用元:TERAJIMA ARCHITECTS(http://www.kenchikuka.co.jp/sakuhin/wa-modern/)

和の施工事例5

引用元:アーキッシュギャラリー(http://www.archish-g.com/works/modern/1968.html)

和の施工事例6

引用元:アーキッシュギャラリー(http://www.archish-g.com/works/modern/1975.html)

和の施工事例7

引用元:Earnest(http://earnest-arch.jp/gallery/slideshow/028.html)

和の施工事例8

引用元:無垢Style(http://www.muku.co.jp/gallery/)

和の施工事例9

引用元:無垢Style(http://www.muku.co.jp/gallery/)

和モダンの施工事例10

引用元:匠陽(http://www.show-yo.com/sekou/sekou39/)

和モダンの施工事例11

引用元:HOP(http://www.hophouse.co.jp/the_hop_house/residence/1718/)

和モダンの施工事例12

引用元:HOP(http://www.hophouse.co.jp/the_hop_house/residence/1660/)

デザイン・安全性に優れた住宅を建てたい方へ 100回の検索より、まずこの3選