デザイン住宅を東京で建てる » デザイン住宅こだわりの施工カタログ » 平屋のデザイン住宅

平屋のデザイン住宅

デザイン住宅をつくる上で、注目のデザインが「平家」です。平家の家の内装やスペース空間は、設計次第でイメージも変わります。そこで、平家住宅を紹介をします。ぜひ、つくりたい家の参考にしてみてくださいね。

スペースをきっちりわけた大空間の平屋

爽やかな印象のある室内空間

平屋の事例
引用元:株式会社アーキッシュギャラリー(https://www.archish-g.com/works/hirayanisetai/1275.html)

敷地は、幹線道路から中に入った閑静な住宅街の一角。平屋のデザイン住宅があります。玄関は広々しており、つきあたりの大きなガラス窓から中庭に植えた木を見ることができ、インテリアの一部になっています。玄関だとは思えない広さで収納スペースが多く、たくさんの靴や物を入れることができます。大きな窓からは光が入り、明るい玄関を作り上げます。

平屋の事例
引用元:株式会社アーキッシュギャラリー(https://www.archish-g.com/works/hirayanisetai/1275.html)

リビングの奧ばったスペースには書斎コーナーを確保しスペースを無駄にしない活用方法を実現。白い壁を基調とし、爽やかな印象のある室内空間をつくりだします。
フローリングの優しい色とマッチする壁の色はすべてを優しく包み込むかのような安心感を与えてくれます。書斎コーナーの上部に棚スペースを作ることで、仕事に重要な書類などを格納できるように配慮しています。

モダンな雰囲気に統一した内装

平屋の事例
引用元:株式会社アーキッシュギャラリー(http://www.archish-g.com/works/hirayanisetai/1274.html)

リビング空間とキッチンのスペースをきっちり分けたデザインとなる住まい。室内はシンプルでモダンなつくりに。フローリングには濃いブラウンの木の素材を使用。清潔感のある壁のホワイトカラーとマッチし、現代的でかっこいい印象のある空間となっています。キッチンスペースとリビングをしっかり分けることで、食事する場所、リラックスする場所の空間を確保し居心地のよい家となります。

モダンな雰囲気の内装にもしっかりマッチできる和室ルーム。畳も合わせるかのようにブラックカラーで統一しています。段差をいれた畳のスペースは、空間の切り分けが可能に。和室ルームに取り付けた大きな窓からは日差しが良く入り、温かみのある明るい印象を与えてくれます。モダンな印象を強調しながらも、心地よい和の空間を表現しています。

中庭の水盤がきらめく住まい

平屋の事例
引用元:HomeClub(http://homeclub.misawa.co.jp/column/kodawari/tag.php?tag=ホテルライクな家)

ホワイトタイルを活用したリビングは広々して、爽やかな印象があります。大きな窓を取り付けることで、光をたくさん取り入れ、白いカラーの壁に合う輝く部屋に変わります。ソファや椅子をデザイン性のあるものを設置し、オシャレな雰囲気に磨きをかけることに成功。大きな窓から入る光が床に反射して全体的に明るい室内空間を生み出します。

夜は間接照明とアルコランプだけを灯し、落ち着いた雰囲気に切り替わります。中庭の水盤をライトアップすると水面が煌めいて、イルミネーションをみてるような気分に。その光景は家に住む人だけが楽しめる、とっておきの時間。2階の通路には透明の手すりを取り入れ、開放感ある通路空間に。フローリングの床が濃い茶色で、ホワイトカラーの全体の家の雰囲気によく合います。歩くのが楽しくなるような2階に続く通路は、吹き抜けの天井近くからリビングを見渡せ、家全体がつながっているような印象に。

翼を広げた広い住宅

平屋の事例
引用元:株式会社アーネストアーキテクツ(http://earnest-arch.jp/gallery/slideshow/150.html)

週末住宅として建てられた広々した豪邸のような住まい。別荘のようなつくりになっており、大きな窓からは、緑がいっぱいに広がって、自然を近くで感じることができます。かなりのスペースをほこるリビングとキッチンに壁を設けることで、家の境界線をつくって別々の空間を確保しています。タイルのフローリング、壁のレンガ調の素材、天井の木はどれぞれ違う素材のもの、カラー、デザインを使用。

平屋の事例
引用元:株式会社アーネストアーキテクツ(http://earnest-arch.jp/gallery/slideshow/150.html)

庭から見た外観はエントランス側とは異なる翼を広げた鳥のような姿。庭に向かって大きく開かれた開口が自然と調和するかのような佇まいで、きれいに輝いてみえます。周りに家がなく、プライバシーを気にすることもないので、カーテンを使用しないまま、朝から晩まで、オープンな窓から、自然を見ることができるのが癒しのポイントです。

オシャレな生活を追求する
デザイン住宅の施工事例集

平屋のメリット

平屋の家を建てる主なメリットは、暮らしやすいという点です。2階を作れば部屋数を確保できますが、ワンフロアあたりの容積が小さくなり、また階段を昇降するという手間も発生します。

核家族化が進んでいる昨今、空間的余裕を求めて2階を作るよりも、ワンフロアに効率的に部屋を割り振っていった方が、暮らしやすい住まいが実現できるというわけです。将来的にバリアフリーリフォームが必要になった場合などにも、平屋であれば比較的スムーズに施工を終えることができます。

平屋のデメリット

平屋の主なデメリットは、プライバシーを確保しづらいという点です。家族との距離が近い、というのは基本的にはメリットですが、子供が多感な時期になると、それが負担になってしまう可能性もあります。

また、周囲と同じ高さに住空間があるため、家の外から視線を向けられやすい、というのも、平屋のデメリットと言えます。開放感を重視するあまり、個人、または世帯全体のプライバシーが疎かにならないよう、プランニングの際にしっかり配慮しておく必要があります。

オシャレな生活を追求する
デザイン住宅の施工事例集